<   2006年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

入浴剤レビュー6 「白い液体が体を熱くするの」

ほんやら堂/秘湯温泉地 硫黄温泉

硫黄泉が好きだ。真っ白な暖かそうな色、独特の「あ、クサ」な匂い。
透明のそれよりも、温泉に浸かっている感を倍増させてくれる、独特なにごり湯。
しかし実際行こうとすると、数は少なかったり…。日光湯元などは最高なのだけれど。

そこで自宅でも「あ、クサ」りたいと思い東急ハンズにて150円で購入してみた。
封を開けた瞬間から広がる強い硫黄臭。かなり強烈だがお湯にとかすとちょうど
良い具合にマイルドになる。薄めの白濁湯、さらさらとした湯触り、まだまだ寒いこの
時期はもちろん、汗ばむ季節でもいけそうな。硫黄臭を楽しみながら、しばし入浴。
入っている間はもちろんじんわりじんわり暖まり、上がってもしばらく体がほかほかしているので裸族な方でも平気(それは私だが)こんな所も温泉、だねえと満足。
肌はお湯の感触と同じさらりつるつるしていて、かといってこの乾燥する時期でも大丈夫。すべすべになった腕等を触ってにやり。
「極めて温泉に近い成分を再現しました」との事。ほんやら堂。その名の通り
自宅風呂でほんやらしたい方に。(そして「あ、クサ」が大丈夫な方に)
硫黄が苦手な方も、単純温泉、塩化物温泉など他に数種類揃ってるから大丈夫。

c0008888_23452687.jpg

[PR]
by ryokoubato | 2006-02-28 23:43 | 入浴剤

春のバトン祭り(自分の中で)vol.4「漢字バトン」

たくさん頂いたバトンも片付いてきました。フィナーレです。
ことば屋さんから頂いた漢字バトン、「爽」をイメージして頂きました。
爽と聞くとアイスしか連想出来なかった自分の浅さに愕然とします。「浅」
でなくて良かった。

Q1:前の人から回された漢字に対して自分が持つイメージは?

(学) ケイコとマナぶ。お稽古好きなので好きな言葉です。
 
(歓)迎会。とか歓声とか、人がいっぱいいる感じ。
 
(雅) びな「をんな」でいたいものです。
 
Q2:漢字についてどう思いますか?

  読めるけど書けない

Q3:大切にしたい漢字を3つ挙げてください。

 (要)物事の本質を見極め、何か大事がそうでないかを考えるのがキャナメだと思い 
    ます。
 (潤)心もお肌もウルウルに潤ってこそ女。乾かないようにするため何が大事かと言
    うと…
 (萌)えですね。何かに萌える事は、すなわち心も体も若く保てるという事でありま
    す。たぶん。
 
Q4:あなたの好きな四字熟語を3つ挙げてください。

 知ってる熟語では朝三暮四とか別に好きでも何でもないものばかりだが、
 昔から好きなのは
 
 我田引水(ガデンインスイ)こんな奔放な生き方に憧れます。
 
 あとは困ったので熟語サイトでちょっと見てみました。

 曖昧模糊 (アイマイモコ)ぼんやりとしたさまを表すそうですが風俗店ぽくて、響き 
 が。選んでしまいました。この言葉自体は知らなかったけれども。
 
 温良恭倹 (オンリョウキョウケン)怨霊狂犬だと恐いですが、これは人に穏やかに接
 する事だそうで、そう心掛けたいものです。

 門前雀羅なブログにならないようこれからも頑張ります。
 
Q5:次の人に回す漢字を3つ挙げてください。

(彩)
(忍)
(暖)

Q6:バトンを回す人とその人をイメージする漢字を教えてください。
 出来れば日本文学に通じるあやこさん(輝、若さで)にひろって頂きたいです。あ  
 と、こういうの好きそうなきゃらさん(澄)にも。めんどくせーだったらパスでもい
 いです。バトンはそっと心の引き出しにしまいますので。知的な自分を見せたい人に
 も差し上げます。お薦めです。
[PR]
by ryokoubato | 2006-02-21 23:56

春のバトン祭り(自分の中で)vol.3「無条件バトン」

あさちんさんから受け取りました、無条件バトン!!

1.無条件でときめく5人(5人もいないので3人)

  ・パンチラな人
  ・声のいい人
  ・でかい人(色んな意味で)

2.無条件で嫌いなものを3つ

  ・ウニ
  ・シャコ
  ・ヒカリモノ全般

3.無条件でお金をかけられる5つ (5もねーよ)

  ・入浴剤代(仕事なので)
  ・猫代
  ・お稽古代
  ・書籍代(というと格好いいが漫画含む)

4.無条件で好きなもの3つ
  
  ・妄想
  ・蟹
  ・布団
 
5.無条件でバトンを受け渡せる5人

  バトンあるよ、バトンバトンー(←ダフ屋で)
  前々回の「勃起」ネタはきっと誰もふれないであろうという予想に反し食い付いて 
  くれた方が4,5人いた(ほぼ女子だし)ので嬉しかったです。ありがとうございま
  した。何にせよ縁起のいい単語ですよに。
[PR]
by ryokoubato | 2006-02-18 00:02

春のバトン祭り(自分の中で)vol.2「例えばトン」

■Q1. 自分を色に例えると?

ことば屋さんには名前のイメージで「白、何にでも染まるような」と言って頂きましたが 、実は私の「白」は一見染まりそうだが頑固なので絶対染まらない、やな白です。でも嬉しかったです、ことば屋さんありがとうございます♪
自分の中では人生において「ピンク似合う(いそう)」と言われた回数選手権で金取れる自信があるので、ピンクにしときます。

■Q2. 自分を動物に例えると?

リス、ハムスター、小動物系は一通り言われます。

■Q3. 自分を好きなキャラクターに例えると?

キティと、ハイジに出て来るやぎのユキちゃんに似てると言われた事はあります。
ハ○ースイス♪のCMを見る度私を思い出して下さい。いっぱい出てます(現在のバージョン)

■Q4. 自分を食べ物に例えると?

ババロアとかプリンとかベロベロしたゼラチン質の食べ物。

■Q5. 次に回す5人を色に例えると?

5人ではないけど、
hi-deさん→ネイビー(御会いした事ないけど、なんとなくイメージ)
ひろすけさん→深いブルーの服を良く着ていてお似合いでしたのでその色。
こばこさん→御本人も大好き水色。

…皆ブルー系にしてしまったね。宜しければお三人、いかがでしょうか。
[PR]
by ryokoubato | 2006-02-14 23:48

春のバトン祭り(自分の中で)vol.1「一度は…」

あやこさんから頂きました。バトン第一弾
「一度は○○!!」リレー

■一度は言ってみたい○○な台詞
 
自分の名前の漢字を電話口で説明する際「起きるという字の起です」
と無難に言っているが、「勃起の起です」と本当はちょっとだけ言ってみたい。

■一度は言われてみたい○○な台詞
 
シチュエーション:愛猫がいつか空へ旅立つ時
「あなたに飼われて良かっ…た(ガク)」
私「ぶり!ぶり〜〜〜!!!」(注:「ぶり」は猫の名前です)

■一度はヤッてみたい○○な事

叶恭子と全裸チェス(出来れば駒希望)
友人の日記でそんな催しを知りました。それ以来一日に一回は考えます。

■一度はヤられてみたい○○な事

そっと蟹を差し入れ。 

■一度は回してみたいあんな人(5人)
 バトン頂いていることば屋さん、あさこさん、↑日記リンク頂いたnanaさん、
 きゃらさん、グルメリアさん、お暇あれば宜しくお願いします。
[PR]
by ryokoubato | 2006-02-10 23:40

連続短編小説「漂流教室(ある意味)」vol.3

※vol1と2がまだの方はそちらからお読み下さい。

私は師亡き後もウクレレを続ける事にした。
とりあえず××ギター・ウクレレ教室へ体験入学。
するとウクレレ講座にもかかわらず、講師はまず持って来た
ギターでおもむろにポロロと「禁じられた遊び」を弾き出した。で、
「やっぱ、ギターっていいよね」…ギター・ウクレレ教室だから
仕方ないのだろう。ウクレレ・ギター教室ならちょっとはウクレレの
立場も違ったのだろう。もう一件も体験入学したがそんな感じであくまでも
ウクレレは主役というよりは伴奏楽器という教え方で、亡き(だから殺すな)
かの講師のウクに対する愛情は誰よりも強かったのだと顧みる。ああ、あの
教室がありさえすれば…と思いつつ、月日は過ぎ、私のウクレレも箪笥の肥やしと
なっていった。

そして翌々年くらいであろうか、一通のDMが届いた。やな予感。
「違う場所で新しく教室始めました!!来てねっ♪」と何事もなかったかのよな内容が。
「あ、先生、生きてた」という安堵。そして「良かったね…絶対もう行かねえけどな」と心でつぶやいた。こうして理由もわからぬまま失踪事件は幕を閉じた。

あれからもう10年が過ぎた。再開した教室が続いているかどうかも、わからない。
けれどもしその講師がぐぐってここを見たら、私の身も危ないかもしれない。
消される前に大好物の、アレを食べておこう。かじかんだ手をストーブにかざす。
春は確実に地面の下で準備を始めているのだろう。それが地表に出るのももうすぐだ。

先生、あの日の牧伸二は、もう弾けません。

                        --完--
エンディングテーマ・「マドンナたちのララバイ」(出来れば)

あと書き・結局失踪の理由が分からないという、ぐずぐずの最後ですみません。
完読して下さった方、ありがとうございました。バトン結局先週出来なかったので
次回はきっと。ええ、きっと。
c0008888_2123261.jpg

[PR]
by ryokoubato | 2006-02-07 21:25 | ドキュメンタリー