島遊び

副業多忙につき、生理が(注1:前回参照)遅れてしまった。
(注2:きっと忘れ去られてるとは思うが、そして本人も忘れていたが
本業は入浴剤鑑定士。)
すっかり秋ではあるが、先月のまだ暑い日の続く頃、副業のことは忘れてプチ旅として、島へ行った。東京の。(今更夏ぽい話題ではあるが…)
竹芝桟橋からジェットフォイルで約2時間ちょっと、式根島へ到着。
知名度はそんなに、な島ではあるが、大島とか、新島とかと並んで
立派な伊豆七島の1つである。昔は新島と1つであったらしいが今は独立した
小さな小さな島。歩いても一日で回れてしまう、そんな大きさだ。
ここを訪れたかった最大の理由は9月でもまだまだ泳げること、離島らしく海が
半端なく綺麗なこと。↓こんな感じで。

c0008888_23465283.jpg


あまり深くない場所でも魚がわらわらいる。シュノーケルをつけて泳げばアジとかの食ったら旨そうな魚はもちろん、シマシマやらコバルトブルーの熱帯魚系も数多く見れる。天然の水族館のようで、ついつい、何時間でも覗いてしまう。30センチくらいのナポレオンフィッシュもどき(名、わからず)なやつもいました。

海からあがった後は、歩いて宿へ帰る。沖縄とか宮崎とか南国の空気とは違う、日本の
田舎独特の「夏」を感じながら、何もなく車も人もほとんど通らない道をぶらぶら歩く。
これがまたなぜか、楽しい。

海と並んでもうひとつここの島の売りはいくつか点在する海中温泉。ほとんど岩場じゃん、崖の下じゃん、というような結構ワイルドな場所にあるので秘湯感覚だが、ここは割りと入りやすかった↓

c0008888_23511271.jpg

成分はほぼ海水なのでかなりしょっぱい。そして傷がしみる。が塩泉ならではの
浴後のぽかぽか感は気持ち良く、濃いいお湯を堪能出来ました。


自然と、鳥の鳴き声と。数十分あればバイクでぐるりと一周できてしまう。
乗りながら、やわらかくあたる風が、気持ちいい。
何もないから、何かあるんだろうな。
対照的なネオンの都会とのんびりな離島。だけど2つとも、同じ東京なんだなあと思うと不思議な感覚にとらわれてしまった。

c0008888_23512965.jpg

[PR]
by ryokoubato | 2007-10-09 23:54 | 大人の遠足
<< 美味しそうな香りはいつも風呂場... 猫喰い >>